子どもとコンテンツの研究所

子ども×コンテンツ情報

  • HOME »
  • 子ども×コンテンツ情報

【オリジナル情報】

ミッドポイント独自の研究情報の発信を行っています。特に、長年蓄積してきた専門分野の知識や現場経験を生かした子どもコンテンツの心理分析が特徴です。映画評や書評ではなく、ポジティブかつ現場で生かせる子ども視点に立った情報の開発をめざしています。

*会員向け情報紙『ツナマヨ』

VOL1(2014.7発行)創刊第1号

レポート:東京おもちゃショー2014-キーワードは実用?/子どもコンテンツ:妖怪は子どものセラピー?/原作を訪ねて:『おさるのジョージ おもちゃやさんへいく』/コンテンツのツボ:溶けない雪だるま”オラフ”/子どもウォッチ:高学年男子の会話

VOL2(2014.10発行)

レポート:本物は強い?(鉄道博物館)/子どもコンテンツ:電車とヒーローの関係は?『烈車戦隊トッキュウジャー』/原作を訪ねて『想い出のマーニー』/コンテンツのツボ:タケコプターの危険と楽しさ!?/子どもウォッチ:今どき、ホッとする話

VOL3(2015.1発行)

レポート:市民がワクワクを作る図書館(伊万里市民図書館)/子どもコンテンツ:鋼鉄の鎧より強いフワフワの力 映画『ベイマックス』/原作を訪ねて『ムーミン谷の彗星』/コンテンツのツボ:子どもの悪と大人の悪『ホビット 決戦のゆくえ』より/子どもの動向:2015年子供コンテンツトレンド7つの視点

VOL4(2015.4発行)

レポート:科学と美の競演!『ヒカリ展』/子どもコンテンツ:子どもの好奇心が生まれる瞬間『ナイトミュージアム エジプト王の秘密』/原作を訪ねて:『雪の女王』/コンテンツのツボ:子どもとミミの長いウサギ/子どもの動向 子どもの貧困率/子どもウォッチ:ことし一番の!

VOL5(2015.7発行)

レポート:童話と動物のふかーい関係(羽村市動物公園)/子どもコンテンツ:いま感情を視覚化する意味とは?ピクサー映画『インサイドヘッド』/原作を訪ねて『はなかっぱ』/コンテンツのツボ:世界観としての遊園地の魅力と怪しさ『クレヨンしんちゃん オラの引っ越し物語-サボテン大襲撃』ほか/子どもの動向:子どもの読書行動(小学4~6年生)/子どもウォッチ:ある下校時の道で

VOL6(2015.10発行)

レポート:調布市青少年ステーションCAPS/子どもコンテンツ:『仮面ライダーゴースト』/原作を訪ねて:かいけつゾロリのドラゴンたいじ/コンテンツのツボ:自己万能感の光と影『pokemon the movie XY 光輪(リング)の超魔人フーパ』/子どもの動向:子どもの運動能力-ボール投げができなくなっている!?/子どもウォッチ:ねがいがかなう!?ながれぼしケンダマ

VOL7(2016.1発行)

レポート:エコプロダクツ2015:社会科見学とのジャストミート/子どもコンテンツ:映画『STAR WARS-フォースの覚醒』/原作を訪ねて:映画『I LOVE スヌーピー-THE PENUTS MOVIE』/コンテンツのツボ:映画『ちびまる子ちゃん-イタリアから来た少年』友蔵じいちゃんは老賢者!?/2016年今年注目したい子どもトレンド7つの視点

VOL8(2016.4発行) 

レポート」:スタジオ設立30周年記念『ピクサー展』/子どもコンテンツ:映画『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミワールド大突撃』/原作を訪ねて『山賊の娘ローニャ』/コンテンツのツボ:父親キャラクターの役割~映画『アーロと少年』より~/子どもの動向:東京の小学生は増えるのか?

VOL9(2016.7発行)

レポート:『海のハンター展』/子どもコンテンツ:映画『ズートピア』/原作を訪ねて:『ルドルフとイッパイアッテナ』/コンテンツのツボ:デジタルネイティブとカラクリ『Pokemon the movie XY&Z ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』より/子どもの動向:夏休みの宿題 読書感想文vs自由研究

VOL10(2017.1発行)リニューアル第1号

仮想体験と現実体験:アナログ遊園地の魅力と機能-『夢のエルドラド(黄金郷)遊園地展』/コミュニケーションの場(文化祭と遊園地):価値観のぶつかり合う場-映画『聲の形』/子どもの好きな物語:身近にある怖い話の魅力?/物語と星:運命論とコンステレーション-映画『君の名は。』/遊びと学び:新『学習指導要領』から 学校外での学びの可能性について考える

VOL11(2017.4発行)

“きせかえあそび”の進化と普遍-リカちゃんとプリパラ/水中での身体感覚を考える-『モアナと伝説の海』/子どもはギャグマンガでの先生をどう笑っているのか?-『100%パスカル先生』/チームワークの形-映画『SING』より/友達とあそびたい子どもたち-ミッドポイントオリジナル調査より

VOL12(2017.7発行)

動くミニチュア世界の魅力-『ムットーニパラダイス』/連れ歩きキャラクター再考-『劇場版ポケットモンスター君に決めた!』/読み物のワクワク感の中で知る知恵と知識-科学漫画サバイバルシリーズ/子どもにとってのシモネタの効果-『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』/年齢とキャラクターの心理機能の変化-ミッドポイントオリジナル調査より

VOL13(2018.1発行)

しゃべる乗物の意味と声のキャラクター-『キノの旅』/ちょい悪軍団!?の魅力と効用-『怪盗グルーのミニオン大脱走』/異界への戸口にいるキャラクターの役割とその変化-児童書より/子どもの“認められ体験”と“お役立ち感”-映画『妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』/“本を読みたい”が“読めていない?”子供たち-全国統一学力テスト付帯質問より

VOL14(2018.4発行)

人体に関する子どもの関心-特別展『人体-神秘への挑戦』/子どもの世界認識-『約束のネバーランド』『仮面ライダービルド』/子グマを家族の一員に イギリス流の多様性の認め方-『くまのパディントン』/子どもにとって発明とは?-『ポチッと発明 ピカちんキット』/ローティーンの好きなスポーツ-『社会生活基本調査』より

VOL15(2018.7発行)

新しい空間体験推理コンテンツ-名探偵コナン『科学捜査展』-/「何でもできる」と「はぐっと」のバランス-『HUGっと☆プリキュア』-/いたずらなウサギとやさしいクマ-『ピーターラビットのおはなし』-/いま子どもに必要な“脱力”-映画クレヨンしんちゃん『爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』-/“自分で考える”ことのおもしろさ-ミッドポイント「子どもの遊び調査2018」より-

VOL16(2018.10発行)

特別展『昆虫』(国立科学博物館)/子どもはなぜ恐竜に魅かれるのか?-映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』より-/『くまのプーさん』のしあわせな世界-映画『プーと大人になった僕』より-/小学4年生のひみつ-映画『ペンギン・ハイウエイ』より-/【調査データ】子どもが好きなキャラクターの種類

VOL.17(2019.1発行)

足の裏で感じる原子感覚-豊洲『チームラボ プラネッツ TOKYO』-/父親の子ばなれ?-映画『シュガーラッシュ:オンライン』より/現実世界と異世界の境界キャラクターたち-映画『くるみ割り人形と秘密の王国』より-/悪い魔法使いのおばあさんからクラスメイトのようなキャラクターへ/最近の子どもの読書行動

VOL.18(2019.4発行)

子どもが考える未来とは?-『日本を変えた千の技術博』と『第41回 未来の科学の夢絵画展』より-/子どもにとっての「死」の世界のイメージ/物語から考える子どもにとっての“食道”という場/世界の見方を育てるテーマ“宇宙・星”-『スター☆ トゥインクル・プリキュア』と映画『ドラえもん のび太の月面探査記』-/子どもが好きな本(ミッドポイント『子どもの遊び調査』より)

【記事執筆・連載】

<2015年10月~現在>

キャラクターデータバンクCharaBiz+(Seed誌)にトレンドのコラムを連載中

<2018年10月~現在>

岩塚製菓 おこせん『おやつどきファンサイト』にコラムを連載中

【研究会】

*『子どもとコンテンツの研究カフェ』を開催

第1回:2015年4月21日「子どもコンテンツ心理学(妖怪、アナ雪からベイマックスまで)」

第2回:2015年5月19日「変化する図書館と子どもたちの物語への入口」

第3回:2015年6月23日「子どものデータから-格差の中のチャンスづくり」

第4回:2015年7月14日「子どものワークショップトレンド」

第5回:2015年9月15日「子どもとキャラクター①』

第6回:2015年10月20日「子どもとものづくり①」

第7回:2016年11月17日「子どもにとっての動物」

第8回:2016年1月19日「2016年の子どもコンテンツトレンド(子ども環境とコンテンツを考える視点)」

第9回:2016年4月19日「子どもとアタッチメント」

第10回:2016年6月28日「子どものデータ2016」

第11回:2017年3月「子どもの遊び調査2017より」

第12回:2019年1月26日「子どもの作る物語とキャラクターの特徴」

 

ご連絡・お問い合わせはEメールにてお願いいたします。

INFORMATION

    PAGETOP
    Copyright © midpoint  ミッドポイント・ワークラボ All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.