Pocket

*「子どもコンテンツリサーチ研究所(CCRI)」について

【プロジェクトの目的】
広義の子どものコンテンツについて、子どもの現場のエキスパート、コンテンツビジネスのプロフェショナル、子どもに関わる有識者
という三者の交流とコラボによって、調査・研究情報や子どもの現場情報をシェアすることで、
子どもたちの成長を育む良質なコンテンツの開発と次世代マーケットの育成・発展をサポートすることを目的とする。

【2022年度の事業内容】
子どもコンテンツフォーラム、子供調査、研究会、オープンセミナー

【コンテンツの定義】
絵本・児童書、マンガ、アニメ、玩具・ゲームなどをはじめ、子供向けの施設、イベント、インターネットコンテンツなど、子どもが見るもの、聴くもの、読むもの、遊ぶもの、学ぶもの、場所など(子どもが接するソフト)

【対象とする子どもの年齢】
幼児(3歳)~小学校低学年(9歳)を中心に中学生まで(その親、家族を含む) 

【活動指針】
①子どもの視点に立ったリサーチの実施と情報提供
②ポジティブかつ実践的な発想(ネガティブチェックではなく、子どもの成長、元気創造、心の支えとなるコンテンツの効用面にフォーカスする)
③基本的な子どもの権利保持(子どもの安心、安全、健康、幸福感等)

*子どもコンテンツフォーラムについて

<セミナー概要>

【日時】2022年7月~2023年1月 全7回 16:00~18:00
※初回のキックオフセミナーは16:00~18:30
 最終回のコラボ会議は13:00~17:30

【会場】Zoomウェビナー

【対象者】子ども向けコンテンツ開発や商品開発などに関わる方/子ども向けコンテンツに関心のある保育・教育関係者、NPO、研究者など

【主催】子どもコンテンツリサーチ研究所(CCRI)(キャラクター・データバンク、ミッドポイント・ワークラボ)

【協力(予定)】一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会、一般社団法人日本オンラインゲーム協会
一般社団法人日本動画協会、一般社団法人日本商品化権協会

<2022年度のプログラム>

年間テーマ:「いま子どもコンテンツの新しい役割とは?」

<主旨>
まだまだコロナについては予断を許さない状況ですが、コロナ以外にも、急激な物価上昇やウクライナ侵攻の影響など社会環境は激変し、以前の生活に戻ることは考えにくい状況です。子どもたちの生活も、休校や行事の中止・縮小、マスクの常態化、給食での黙食など、コロナ禍を経て子どもたちの生活も大きく変わりました。公園などでの屋外遊びが復活する一方で、映画やドラマの配信やYouTube動画などネット動画視聴やオンラインゲームの増加、タブレット学習の普及など、子どもの遊びやメディアコンテンツ視聴状況も大きく変化しています。このプロジェクトでもそれらの変化をふまえて、今後の子どもコンテンツの新しい役割について考えてみたいと思います。

【第1回】7月6日(水)16:00~18:30
キックオフセミナー(基調講演)
「子ども向けアニメの現在・過去・未来」      
講師:アニメ評論家 藤津亮太さん 
ディスカッションパート:藤津さん+キャラクターデータバンク陸川和男、ミッドポイント・ワークラボ西岡直実(兼コーディネーター)

セミナーの詳細およびお申し込みはこちらから